茨城県神栖市を中心に、プラントの断熱工事・熱絶縁工事をはじめ、
プラント配管工事・耐火被覆工事、仮設工事、塗装工事などを行なっています。
工事完了後のアフターメンテナンスまで、しっかりと対応いたします。

 

人材派遣事業

  • 保温保冷工事
    保温保冷工事
    様々な施設において、熱エネルギーを用い物を温める又は冷やす処理を行っています。このとき、設備に熱エネルギーの出入りする隙間があると、この処理を効率的に行うことができません。熱の損失分を補うために、電気や燃料を余分に使わなくてはならなくなります。保温保冷工事は、こういった非効率な熱の損失を減らすために行います。
    この工事が必要となる設備には、蒸溜、反応、移送、貯蔵等の工程のある石油精製、石油化学、発電設備、化学工業等があります。また、工事対象となる設備としては、蒸溜塔、ボイラ、タービン、ダクト、タンク、ポンプやファン等があります。
    設備や目的により工法や材料が異なり、当社では、お客様の設備に合わせた最適なご提案をさせていただきます。
  • プラント配管工事
    プラント配管工事
    プラント配管工事は、工場内を行き交う管の配置及び寸法、材質だけではなく、製造に必要な液体・ガス等を送るためのポンプやモーターなどを扱う高度な工事です。
    プラント及びその関連設備並びに関連装置[塔槽類・反応器・熱交換器・圧縮機・ポンプ・ブロワ・ろ過機・分離機・加熱炉等]の連絡配管の管工事を行う高度な作業で弊社は品質管理、技術向上、安全作業に努めお客様のご要望に対応いたします。
  • 耐火被覆工事
    耐火被覆工事
    工場内で火災が発生した場合、設備の変形や倒壊による危険物質の流出などの二次災害の起こる可能性があります。それを防止するため法令では、柱・はり・架構、パイプサポート等に防火被覆が義務づけられています。
    弊社では成型板の工法を主体としておりますが、セメント系のモルタル、コンクリートなどの施工もでき様々な設備に対応した工事を行っております。
  • 仮設工事
    仮設工事
    工程管理上、重要な工事である足場仮設や養生工事は、移設、改造(撤去)といった建設工事やメンテナンス工事等、現場にあった最適且つ安全な仮設足場をご提供できる十分な対応ができる体制をとっております。
  • 塗装工事
    塗装工事
    塗装工事では、工場の機能や扱う材料により塗料が変わります。塗装は、単に表面の色を変えるだけのものではなく、防蝕や防鎖等の効果を高めることができ、省エネ効果も期待されます。また使用される塗料によっては、逆に有害物質を発生してしまうリスクもあります。当社では、様々な用途に合わせ、最適で安全な材料や方法をご提案します。
  • 防水・防食工事
    防水・防食工事
    防水・防食工事にも様々な方法があります。防水工事では、塗膜防水、シート防水、アスファルト防水等、用途や状態に合わせたご提案を行います。防食工事は、酸性やアルカリ性の化学薬品等による金属やコンクリートの腐敗を防ぎます。危険物を取り扱う工場等での工事の施工実積が多数あります。
  • 防音工事
    防音工事
    工場周辺住民に対する居住環境や職場環境への配慮のため、工場内の防音対策を行う必要があります。防音工事には、「吸音工事」と呼ばれる、音を吸収して小さくする方法と、「遮音工事」と呼ばれる方法があります。都道府県の条例により騒音規制の基準が定められているため、騒音測定によりその場に合った対策を行います。
  • アスベスト対策工事
    アスベスト対策工事
    アスベストに関わる様々の問題に最良のソリューションををご提供いたします。
    解体・改修工事等に義務づけられた調査分析結果に基づき、計画(届出)、施工、収集運搬、処分まで費用対効果の高いご提案をいたします。
    各種採用工法
    除去工法(レベル1~レベル3)、封じ込め工法、囲い込み工法、ドライアイス工法
  • メンテナンス工事
    メンテナンス及び付帯工事
    各工場定期修理工事(設備検査、更新、改造工事)に伴う、断熱更新工事、足場工事、塗装工事等々に対応できるメンテナンス業務を行います。
    エコジャケット
    エコジャケット
    当社では、保温保冷工事に「エコジャケット」を採用しています。エコジャケットは、断熱・保温性に優れエネルギーのロスを減らすことができる他、着脱自在で繰り返し使用することができ、不良率の低下、整備点検時の簡略化、仕事環境の改善、原料費等の削減など多くのメリットを得ることがあります。
    主な使用対象部位
    室内外ポンプやバルブ、蒸気配管ライン、冷温水配管ライン(結露防止、耐水のため)
ページ先頭へ